CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RANKING
人気ブログランキングへ
RANKING
RECOMMENDED
RECOMMENDED
MOBILE
qrcode
<< あと10年で"消える職業"にネイリスト、オックスフォード大学准教授が論文で発表 | main | NAIL EXPO 2014レポート >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ブラジル人女性、ネイル器具の共用でHIVに感染
    0
       JUGEMテーマ:ネイルサロン開業

      怖い話です。
      ブラジル人女性がネイル器具の共用して、
      HIVに感染したという記事。
      イロリオから。

      元記事はコチラです。

      このブラジル人女性は献血の際にHIV陽性が発覚。
      通常の感染ルートとされる行為に思い当たりがなく、
      母親も陰性だったことから医師が調査したところ、
      「10年前にいとこと共に使用したネイルケア用の器具が感染源である」と、
      感性ルートが判明したということです。

      HIVは、
      スプーンやフォーク、食器などをシェアするくらいでは伝染せず、
      ネイル器具からの感染はとても珍しく、
      ネイル器具が原因というのも、
      非常に珍しいようです。

      記事にもあるように、
      血液と血液が交わる可能性がある器具の共用にはくれぐれも注意を払うようにすべきですね。
      ネイルサロンの経営においては、
      その衛生管理には一番の注意を払わなければいけません。
      | ネイルサロンの衛生管理・まつエク | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:12 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://ongles-tokyo.jugem.jp/trackback/1664
        トラックバック